ある日洗車したにも関わらず、今までなかったシミが出来て洗車しても取れない。このようなお困りごとはないでしょうか?

ボディに付着したシミは同じように見えても内容は様々で大きく分けると、軽度〜重度の状態までありその状態に見合った処理を施さないと、基本改善しません。

軽度のシミは洗車で簡単に落ちてしまう様なシミで、この段階で綺麗にシミを残さない処理を維持できれば、それ以上(中度、重度)のシミには悪化しません。
原因は洗車時にシャンプー洗車などで成分が完全に落ち切らない状態で拭き上げたり、水洗い洗車後でも拭き取りが甘く水分をボディに残したりするとこの状態に。ボンネットが暑い状態ですと他面よりさらになりやすくなります。
対策としてはシャンプー成分を完全に落とし水洗い洗車後も水滴は残らないように乾く前に拭き取りします。
洗車は日中の暑い日はさけ早朝や夕方の涼しい時間帯で風の無い日がベストですね。夏場は特に暑いので更に注意が必要です。


次に中度のシミですが白く見える輪ジミ(イオンデポジット)が付いてしまい洗っても取れない状態です。
原因は洗車時の水道水の含まれるカルキなどが原因で悪い状態が繰り返し続くと取れないシミになってしまいます。
対策はカルキ成分が残らないように完全に拭き上げることが基本です。
対処法は、この段階ですとシミが塗装面に浮いている(付着)状態なので下地調整などで対応可能です。
尚、当店ではシミ対策としてボディ、その他に使用する水は2層式浄水器でろ過されたカルキ成分など極力除去されたピュアな水を使用しております。


最後に重度のシミですが、塗装面を抉ってしまって陥没している状態のシミです。
原因は、雨が降り水滴が残り日光に当たると水滴がレンズの作用で焼き付き塗装表面を抉ります。抉られた所はさらに同じ現象が繰り返されると悪化しますのでより深く陥没して行きます。
但し、保管場所(特に屋外駐車はなりやすい)や塗装の質、コーティングの有無など、個々の車によりなり難い場合、なりやすくなる場合、ならない場合など様々です。
対処法はリスク軽減対策として屋根付き保管場所がベストとなります。コーティング施工し屋根付き保管場所であればかなり良い状態は維持できますが、無い場合はリスク的になる確率が屋根がある場合より増えますが、下地処理+コーティング、定期的なメンテナンスで改善可能(かなり重症な場合は残ります)です。


ボディに付いたシミや傷は薄色より濃色のほうが目立ちます。これが白ですと分からなかったかもしれないですね。しかし厳密に言うとシミが分かりずらいだけで黒も白もシミは付きます。白い車は綺麗に見えますが見える環境で見るとシミや傷だらけ・・・多々ございます。
この様な車両も塗装本来の綺麗な状態に戻すボディ磨き、下地処理とその状態を維持するコーティングをする事で洗車がより簡単に綺麗な状態を持続することが可能となります。


いづれに致しましても実際に見て、作業しないと判断付かない場合もございますので、何かお困り事がございましたら、お気軽にご相談下さい。


その他のトラブルして鳥糞跡のシミなどは塗装を溶かします。メンテナンスで現状よりよくなりますが100%分からない状態になるかどうかは作業しないと分かりません。


以上、シミ、その他雑談でした。参考になれば幸いです。

コーティング 下地改善例